熱帯雨林の保護が叫ばれて久しい昨今、あえてその火中で弊社は、東南アジアの木材を中心に営業展開を図り、又マレーシア・インドネシア・ラオス・ミャンマー等の国々で生産される製品を扱っています。

 皆さん考えてみてください。マレーシアは、既に発展途上国から先進国に近い工業国へと発展しています。確かに、マレーシアに於ける熱帯雨林はその伐採により、減少の一歩を辿っています。しかしその反面、熱帯雨林で入手した資金で工業化を進め、現在の東南アジアの於けるその地位を高めてきました。

 弊社は付加価値の低い原木輸出よりも、製材品・加工品へと、その付加価値を高める事によって働ける環境や単価を上げる事による収入の増加により、少しでもその伐採量を減らせる事が出来るものと思い、積極的にスタッフの派遣を行い、そのソフト面でもサポートしていきます。

今回はその中でもミャンマーに於いて、ミャンマープロジェクトと題し、国内企業2社と共にミャンマー政府の支援の中、弊社は日本国内のマーケットが望む製品作りの為、製材指導・品質管理等のソフトの面で、車両(トラック)用の床板・横根太等の生産指導にあたっています。

 このプロジェクトの成功により、ほんの一握りのミャンマー国民かもしれませんが、働く場を提供し、生活が少しでも向上する事を願っています。そして其れが、将来彼らにとって熱帯雨林を植林しながら、半永久的な外貨獲得の手段の一つになる事を願っています。

会社名  株式会社マルヨ木材      
所在地  〒738-0021 廿日市市木材港北5-57
電話番号 0829-32-3155
FAX番号  0829-32-3157
設立   1965年11月1日
資本金  1000万円
従業員数 11人
代表者  代表取締役 吉田 健治
業種   161:製材業(製材業・木製品製造業)
主な事業内容・製品車両用木材製品の製造及び販売、オープンデッキ用木材製品の販売
主な取引先・近隣架装メーカー
・岡山木材市場
・ランドハウス
・アンネルベット 他
主な取引銀行・広島信用金庫 廿日市支店
・広島銀行 廿日市支店